ページの本文へ

Hitachi

仮想ワークスペース・VDI

2020年3月26日

企業の柔軟な働き方改革を推進する「日立ワークスタイル変革ソリューション」に、
Office 365®の活用を支援する各種サービスを拡充

株式会社日立製作所(以下、日立)は、企業の柔軟な働き方改革を推進する「日立ワークスタイル変革ソリューション」のメニューとして、「Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービス」と「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」を本日より提供開始します。
「Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービス」では、日立グループでのOffice 365活用支援と普及活動の経験を基に、お客さま組織内においてOffice 365活用が定着するまでの活動を総合的に支援するコンサルティングを行います。「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」では、Office 365を利用するクライアント端末向けに、秘密分散技術などを活用した高度な情報漏えい対策を提供します。
これらにより、Office 365を活用したテレワーク推進や社員同士のコミュニケーション強化、安全・安心なテレワーク環境の整備などさまざまなお客さまの働き方改革に貢献します。

働き方改革やBCP対策の有効な手段として、多くの企業において、ITを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を可能とするテレワークの導入が進んでいます。
近年、クライアントアプリケーション分野においては、自社内のITシステムをクラウドに移行するクラウドシフトの流れの中で、Office 365の利用が急速に拡大しています。Office 365は、従来のOfficeアプリケーションに加えて、Microsoft Teamsなど働き方改革を支援するさまざまなアプリケーションを備えています。しかしながら、Office 365の導入後、新しいアプリケーションの組織内での活用が思うように進まず、テレワークの促進や社員のコミュニケーションの向上といった働き方改革の成果に結びついていないという課題が出てきています。
また、テレワークは利便性が高い反面、クライアント端末を持ち出すことにより、オフィス内で仕事をするよりも情報漏えいなどのリスクが高まるため、安全・安心で、かつ快適なテレワークを実現するクライアント環境の整備が求められています。

このような背景から、Office 365を活用した働き方改革推進を支援する「Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービス」および「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」を本日より提供開始します。
「Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービス」は、日立グループでの活用支援と普及活動を通じて得られたノウハウを活かし、お客さま組織内でのOffice 365の利用促進、定着化を支援するコンサルティングサービスです(図1)。Microsoft TeamsをはじめとするOffice 365のアプリケーションにおいて、業務特性を考慮した活用シナリオの検討から仮説検証、展開計画の策定、各利用者のITスキルのレベルに合わせた研修・勉強会の実施など、組織内でのOffice 365活用が定着するまでの活動を総合的に支援します。これにより、Office365を活用したテレワークの促進や社員のコミュニケーションの向上、会議の効率化、残業時間の削減などさまざまなお客さまの働き方改革に貢献します。
一方、「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」は、日立グループでのクライアント端末の導入・運用を通じて培ったセキュリティ設計ノウハウや、ZenmuTech社の秘密分散技術などを活用し、Office 365を利用するクライアント端末に高度な情報漏えい対策を提供するサービスです(図2)。ソフトウェアと初期設定用ファイルをインストールするだけで容易に導入することができます。秘密分散は、端末内に格納されるデータを暗号化および分割して、端末内の内部ストレージと、スマートフォンやUSBメモリなどの外部ストレージに分散して保管する技術です。分散保管されたデータは、端末もしくは外部ストレージのどちらか一方のデータだけでは復元することができないため、従来の暗号化技術と比べて、高いセキュリティを実現することができます。またOffice 365は、利用者がファイルの閲覧や作成をしたときに、キャッシュデータが自動的に生成され、端末内に格納される仕組みになっており、端末の盗難や紛失が発生した場合、このキャッシュデータから情報漏えいしてしまう可能性があります。本サービスでは、端末内のユーザーデータに加え、Office 365のキャッシュデータなどによる情報漏えいリスクも防止し、テレワークでも安全・安心に利用できるクライアント端末環境を提供します。

日立は、今後も、日立グループでの働き方改革に向けたIT利活用により得られたノウハウを活用し、日立ワークスタイル変革ソリューションのメニュー拡充を行うことで、お客さまのさまざまな働き方改革の推進を一層支援していきます。


図1 Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービスの概要


図2 PCデータ秘密分散型セキュリティサービスの概要

サービスメニュー

名称 概要 価格(税別) 提供開始時期
Microsoft® Office 365® ユーザー向け活用支援サービス 「Office 365」の利用促進、定着化を支援するコンサルティングサービス 個別見積 2020年3月26日
PCデータ秘密分散型セキュリティサービス 「Office 365」を利用するクライアント端末に高度な情報漏えい対策を提供するサービス 個別見積 2020年3月26日

商標に関する表示

  • Office 365、OneDriveは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • Androidは、Google LLCの商標です。
  • その他記載の製品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 アプリケーションクラウドサービス事業部

ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム