ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2020年5月11日

医療現場向けフェイスシールドの生産開始

新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、感染症指定医療機関へ無償提供

[画像]医療現場向けフェイスシールド
医療現場向けフェイスシールド

  日立グループは、新型コロナウイルス感染症の診断や治療、感染拡大防止に尽力されている医療現場への支援として、5月11日よりフェイスシールドの生産を開始しました。生産したフェイスシールドは、全国の特定および第一種の感染症指定医療機関へ優先的に無償提供し、第二種の感染症指定医療機関へも無償提供します。
  今回生産するフェイスシールドは、日立グループの日立総合病院(茨城県日立市)の医療現場の意見などを参考に研究開発部門が中心になって設計を行いました。フレーム部分はアルコール洗浄を想定しポリプロピレンを採用しており、強度を確保しながら軽量化し通気性も確保しています。シールド部分は着脱式で交換可能な構造としています。生産は、4月22日にお知らせした通り、日立オートモティブシステムズ株式会社の佐和工場(茨城県ひたちなか市)と、日立グローバルライフソリューションズ株式会社の多賀事業所(茨城県日立市)、日立ターミナルメカトロニクス株式会社(愛知県尾張旭市)にて行います。5月は2,000〜3,000個/週のペースで生産を行い、6月には8,000〜10,000個/週に生産量を拡大する予定です。

  日立グループは、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、お客さま、パートナー、そして、グループでグローバルに働く従業員および家族をはじめとする、すべてのステークホルダーの皆さまの安全・健康を第一に考え、感染拡大防止に向けた施策を実行していきます。また、リモートワークツールなどの活用により、業務を遂行できる環境を確保し、お客さまに対する支援の継続や、社会インフラ機能の維持に最大限努めています。

関連情報

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 フェイスシールド問合せ窓口

以上

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
ウノトニャサニヘユセノォエネォテ箙ム